自称大学生のゲーム雑記

最近はまっているゲームについて緩く書いていく。プレイもまたユルイのはご愛嬌。

【MHW】片手剣は奥が深い!【武器の研究】

こんにちは。
前回記事の終わりに話していた、ボウガンの記事を書くつもりでしたが、案の定大事な部分がまだ理解できていない状態なので、今回は片手剣についてです。

 

皆さんはソロ派でしょうか、それともオンライン派でしょうか。私は基本的にはソロで遊ぶのですが、時々オンラインで遊びます。オンラインではサポートに回りたいと思い、片手剣を使うことが多いのですが、オンラインでは片手剣の方をあまり見ない気がします。
実はストーリーを進める段階ではレイア系統のチャージアックスを使っていたのですが、片手剣を使いはじめて、魅せられてしまいましたね。非常におもしろいです。

 

片手剣の特徴

  1. 動きが機敏
  2. 抜刀時にもアイテムやスリンガーが使える
  3. 乗れる
  4. スタン狙える
  5. 状態異常を扱える武器が揃っている

これだけ見るとなんでもできそうですが、それぞれに上位互換的存在があるのも確かです。例えば、乗りに関しては操虫棍、スタンに関してはハンマーやチャージアックス、状態異常はガンナーに扱わせた方が強力です。ただ、このすべてを環境に一切依存せず扱えるのは片手剣だけです。


実は立ち回りよって、扱うモーション値の幅が大きく異なるのも特徴のひとつと言えるでしょう。

乗りメインの立ち回りでは、モーション値40程度の攻撃を連発します。すると、物理特化した方が期待値が上がります。逆に手数を稼ぐコンボでは20程度となるため、状態異常や属性攻撃が有効です。

 

 

koskosshadowverse.hatenadiary.jp

 モーション値と属性攻撃の関係についてはこちらに詳しく書いてます。

 

属性攻撃をメインにする場合、同じモーション値帯の武器として、双剣操虫棍が上げられます。これらとは、モーションそのものの他に、アイテムをすぐに使える利点として丸薬などとの相性の良さが上げられます。

逆に物理をメインにする場合、斧モードのスラッシュアックスチャージアックス等と同じ、高めのモーション値帯を扱うことになります。その分手数は減りますが、この立ち回りは、溜め切り→駆け上がり切り→ジャンプ切りorFB というコンボを繰り返す性質上、乗り蓄積ができますのでダウンを取ることができます。また、このモーション値帯をメインに扱う武器自体限られているため、この立ち回りそのものが片手剣の特徴のひとつとなるでしょう。

どちらのタイプもスタンは狙えますが、スタン蓄積は他の武器に比べ少しずつとなるので腕が必要になります。


特定の部位を狙いやすいソロなら物理重視で火力を盛るスキル構成、ターゲットが分散し狙ったところに攻撃することが難しいオンラインなら、状態異常武器に早食いや広域 スキルを用いたバックアップメインの構成をオススメします。このタイプの片手剣使いが少ない環境だからこそ目立った活躍が期待できますね。

 

オススメ武器

武器の研究シリーズということで、いつものように期待値をみていきます。まずは、今作ではどの武器種でも強い部類に入る無属性から見ていきましょう。

 

ボルボクラブ

攻撃力294 会心率-10% 青ゲージ

294÷1.4×1.2×0.975×1.2×1.1=270.27

 

次に表示攻撃力最大のイビルジョー武器を見てみましょう。

 

フェイタルヴァイト

攻撃力308 会心率ー20% 龍属性210 白ゲージ

308÷1.4×0.95×1.32+21×1.125≒276+24

 

次に会心率ナンバーワンのレウス武器を見てみましょう。

 

コロナ

攻撃力263 会心率20% 火属性180 白ゲージ

266÷1.4×1.32×1.05+18×1.125≒263+20

 

前回、前々回記事にてスキルのお話をしましたが、それを踏まえ『弱点特攻』『渾身』『超会心』と発動できた場合、弱点部位にて100%の会心率が得られます。

266÷1.4×1.32×1.4=351.12

難易度はかなり高いですが、物理値だけの計算ですがかなり出ます。超会心が発動できなくても、弱点部位であれば一発あたり15ダメージくらいの差がでる数値です。

 

koskosshadowverse.hatenadiary.jp

 


最後に、拘束力のある麻痺属性武器です。

 

マラドタバール(ドスギルオス)

攻撃力224 麻痺属性240 会心率20% 白ゲージ

 

鑑定武器について

上記で紹介した武器は、それぞれマムタロトの報酬で得られる鑑定武器に対応するものが存在します。

ボルボクラブの場合は、ガイラスライサー(土砂)がそれにあたるのですが、同じ斬れ味、無属性で攻撃力は308と一段階高いです。カスタム強化は前者が3回後者が2回と一回少ないため、攻撃の強化を一回多く入れることで同じ値に出来ます。その上、前者の方が武器スロットが優秀です。ちなみに、カスタム強化まで考慮すると、龍属性を弱点としていない場合はイビルジョー武器よりも高い期待値になりますが、会心を盛ったレウス武器には届きません。

このレウス武器にも、ガイラスライサー(王)という互換武器が存在し、会心率が10%高いです。カスタム強化の回数も同じですが、コロナの方はレベル1スロットを持っているため、この点で差別化が出来ます。しかし、今回紹介したスキル構成ですと、レベル2スロットで発動するスキルがほとんどですので、渾身を1外せる分、この会心率10%は、レベル2スロット1つ分に換算できますので、物理攻撃を盛る構成の場合は、鑑定武器の方が向いてそうです。

麻痺武器の場合は、ガイラスライサー(麻賊)が対応しています。こちらも会心率が10%高く、他の数値は同じです。同じようにカスタム強化の回数に差があるため、最終的には同じ強さになるように出来ています。

ちなみに、マムタロトは5月25日より1週間、再び狩猟できるようになるみたいですね。

 

装備について

弓等とは異なり、片手剣を使うからといって必須になるスキルは存在しませんが、オンラインで遊ぶ場合では少し話が違ってきます。
パーティープレイでは、特にモンスターのダウン時など一部にプレーヤーが密集し見方の攻撃判定を貰うことが多々あります。片手剣はこの一つ一つでご丁寧に仰け反ってくれるんですね。サポートに回り、乗りダウンや麻痺を決めても四方八方から見方に殴られる始末です。

これを回避するために「耐衝珠」を一つ、装備に取り入れ仰け反り無効にしましょう。他の武器と同じように影響を受けなくなります。勿論、防具のスキルで発動させるのも手ではありますが、レベル1だけ発動していれば充分ですので、レベル3スロットが必要になりますが、装飾品での発動を推奨します。


終わりに

片手剣は、火力効率を最大限求めた構成では、他の武器種に負けないほどの火力が出ます。それだけでなく、スキルや武器次第ではかなり幅広い戦術が取れる、玄人向けの大変奥が深い武器と言えます。自分だけの片手剣装備を作ってみてはいかがでしょうか。

それでは