自称大学生のゲーム雑記

最近はまっているゲームについて緩く書いていく。プレイもまたユルイのはご愛嬌。

【遊戯王】サモンソーサレスが禁止カードに!リンク展開の行く末は?

こんにちは。

自称大学生ということで、夏休みは大学生らしく免許を取りに行っていたため更新が少なくなりました。昨日は改定情報が出たため急遽更新しましたが、今回の改定内容での目玉は『サモンソーサレス禁止化』と『テンペスト復活』ですので、今回は主にリンク展開デッキについて考えていきます。

 

サモンソーサレスとは

今更ですが、サモンソーサレスの役割について今一度おさらいをしましょう。簡単にするとリンク先にいるモンスターを指定し、そのモンスターと同じ種族のモンスターを効果無効でデッキから特殊召喚するリンク3のカードです。召喚条件としてはトークン以外の同じ種族のモンスター2体以上であるため、テーマデッキでは召喚しやすいというのは誰でも察しがつくところではあります。効果そのものもテーマのカードをデッキから呼び出せる、強力な効果である点もわかりやすいですね。

 

このカードの問題点

このカードはテーマカードが揃っていなくても簡単に召喚できましたよね。

例えば、

『グローアップバルブ』召喚
『バルブ』を使って『リンクリボー』をリンク召喚
墓地のバルブ効果で、蘇生
『バルブ』+『リンクリボー』で『ハリファイバー』をリンク召喚
『ハリファイバー』効果でデッキからチューナーモンスター『幻獣機オライオン』を特殊召喚

この時点で、機械族リンク2のハリファイバーと、機械族のオライオンが揃いましたので『サモンソーサレス』の召喚条件を満たしています。ここまでに消費したカードは『グローアップバルブ』1枚です。

さらに、サモンソーサレスを召喚する際に『オライオン』の効果で機械族のトークンが生成されますので、サモンソーサレスのリンク先に召喚すれば効果の発動条件まで満たせます。

大会環境でよく見るデッキとしては『ABC』に始まる『ユニオン』デッキが機械族テーマですので、このコンボの恩恵を受けていました。

 

これだけでも十分強いのですが、リンク3である故に『ファイアウォールドラゴン』『トポロジックガンプラードラゴン』『トロイメアグリフォン』といった強力なリンク4モンスターに簡単に繋ぐことができる他、サモンソーサレス特殊召喚したカードも墓地起動であれば使えるため、更なるアドバンテージが見込めます。

 

リンク展開デッキでの役割

先行エクストラリンクを狙うなど、リンク召喚に特化したデッキが大会環境では良く見られました。

『ユニオン』『剛鬼HERO』『グッドスタッフリンク』『SPYRAL』といったデッキ群でしょうか。これらのデッキでは、呼び出したカードの効果が無効化されるというサモンソーサレスのデメリットを上手く回避しつつ、展開の要であるファイアウォールドラゴンに繋ぐという仕事をしていました。

ユニオンでは各『ABC』モンスター、剛鬼では剛鬼モンスター、などが墓地に送られるとサーチやサルベージを行います。

リンク4につなぐ展開としては、以前の改定で準制限となった『SRベイゴマックス』から『ケルビーニ』を召喚し『ダンディライオン』を落とすコンボが存在するため、単純にリンク数を稼ぐという意味合いでサモンソーサレスを利用していた場合には、デッキ構築を工夫することで、穴を埋めることができるでしょう。

 

テーマデッキでの役割

サモンソーサレス禁止化において複雑な気分になる理由は、テーマデッキにおいてパーツを揃えるという役割も担っていたことにあります。

これまで、たらればであるが故にコンボが決まらず弱いと言われていたテーマが、このカード一枚で救済され、そこそこに強くなっていたわけです。

環境で暴れていたテーマ群もそこそこにダメージを受けたものの、パーツを揃えるために利用していた環境外テーマ群の方がダメージが大きいというのは遊戯王あるあるですよね。

 

これからのリンク展開

これまでリンク展開デッキというと、基本的にはサモンソーサレスが使われていたわけですから、こういった記事や動画で紹介されていたルートの大半が使えないものと化してしまったわけです。

サモンソーサレス禁止化により、今持っているデッキを捨て、新しいデッキを組むべきか悩んでいる方は、どんな役割としてサモンソーサレスを使っていたかを再確認し、代用案を一度考えてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、リンク展開デッキ群として『雪花水精鱗』は個人的にアリだと考えています。

汎用性の高いリンク展開においてデッキの中にいて欲しいカードが何枚かある場合があります。要は素引きしたくないカードを採用するということです。

それらを『雪花の光』でデッキに戻せるというのは他のデッキには無い強みであり、様々な出張パーツを柔軟に取り入れることを可能とします。

実際、これまで強いとされていた『ディニクアビス』+『龍騎隊』の2枚からトロイメアによるエクストラリンクは、サモンソーサレスが無くても可能です。このことからも『雪花水精鱗』における役割はリンク数の確保という面が色濃く出ていたことがわかります。

 

おわりに

今回はサモンソーサレス禁止化に対しての意見を書いていきました。感想としては、嬉しいような悲しいような本当に複雑ですね。

先月は免許取得のため特に後半は更新が途絶えている状態でしたが、今月はその分更新を頑張りたいですね。主に遊戯王かシャドバについてになりそうですが・・・。

それでは。