自称大学生のゲーム雑記

最近はまっているゲームについて緩く書いていく。プレイもまたユルイのはご愛嬌。

【遊戯王】ウィッチクラフトの使用感

こんにちは。

今週末は大会に出るなど、遊戯王に触れることができました。先週発売されたデッキビルドパックの新規テーマ『ウィッチクラフト』についての記事を前回書きましたが、使用感も踏まえて現状の結論が出たためまとめておきます。

まず、盤面を作れればそこそこ強いです。対象にならずターン1で破壊されないドランシアが完成するわけですから、面倒でないわけがないですよね。

ただ、そこまで安定しないです。手札の魔法の枚数や質に振り回されるため事故が多いように感じます。上級が手札で重なった時のイライラはそれなりです。マスターヴェールの表情にもイラっとさせられますw 加えて墓穴が辛いです。効果を見た時点で薄々感じてはいたものの実際に打たれると辛いですし、相手にした場合は打てればそのままターンが返ってきます。

同じ枚数で更なる安定性と柔軟性を持ち合わせているのが現在の環境デッキです。ただ、ターン1で表側破壊を即時誘発で打てるモンスターは現環境には無いためオンリーワンではありますね。属性が分かれているという特性を活かすと、シャドールギミックも取り込めますしグッドスタッフ的な方向で考えていけば、まだまだ見えてくるものがありそうです。まぁ純構築では厳しいです。

以上のことから、

『完成した盤面ではそれなりの制圧力を誇りますが、事故との戦いに勝たなければならない。』

『誘発はある程度ケアできるものの墓穴は打たれても良いように構築・プレイしなければならない』

というような結論に達しました。

要はテーマ自体は弱くないけど構築プレイともに、かなりの技量が求められるということですね。

ビルドパックのテーマは順当に新規を貰うか、相性の良いカードが出るか、レギュラーパックによる恩恵を受ける可能性が高いです。4月のパックによってはもう少し簡単なデッキになるかもわかりませんね。

ウィッチクラフトカードはそれなりの買取価格がついているため、売ろうか迷っている方はそのあたりも判断材料に入れると良いかもしれません。

 

それでは。