自称大学生のゲーム雑記

最近はまっているゲームについて緩く書いていく。プレイもまたユルイのはご愛嬌。

【遊戯王】ナンバーズ集めてみた

こんにちは。

先日発売されたコレクションパックにより、遊戯王ゼアルの象徴とも言える『ナンバーズ』が全部判明したということで、コレクションすることにしました。

f:id:Koskos:20190530023039j:plain

保存には、このウルトラプロのファイルを使用することにしました。

f:id:Koskos:20190530023041j:plain

よくあるファイルは、1ポケットに裏表で2枚のカードを収納するようにできていますが、このファイルはしっかり1ポケットに1枚ずつ収納するようにできています。

写真ファイルのような材質でできているため、ずれにくく、カードは横から入れるためファイルを傾けてもカードが落ちないようにできています。

 

f:id:Koskos:20190530023038j:plain f:id:Koskos:20190530023034j:plain

ナンバーズは、1~107とXXで108枚存在しますが、9ポケットのファイルに、どうやって飾るかは大分悩みました。

結果、写真のようにファイルを少し贅沢に使用することに・・・。

見開きで10枚ずつ見えるように片側5枚ずつ、厚みに偏りが出ないよう、1ページごと配置を変えて収納しました。

全ナンバーズ判明から、ぼちぼちカードだけ集めていき本日ようやくファイルが完成(?)したわけです。

 

完成と言っても、ひとまずという意味でして、まだまだパワーアップする余地は残っています。

今回は以下のルールでカードを集めてみました

  • 型番は初出のもの
  • その中で出来るだけレアリティと状態は高いもの
  • 言語は日本語
  • 派生体(カオスナンバーズ等)は中途半端なので集めない

この中で、言語は日本語という部分が引っ掛かります。

日本語表記のアジア版をどう扱うかです。正直プレイ用ではなく観賞用なので、見栄えがするアジア版は大変魅力的ですが、No.62あたりを購入するだけで、フルプライスの新作ゲームが3,4本買えてしまうので引き際も大切です。現在は完全な日本語版ですとレリーフが上記のルールに則った形になりますから、それが入っています。

プレミアムパックで出たカードなんかもシークレット仕様は、アジア版の方が綺麗なようですが、これらはカードショップで実物をしっかり見て、差し替えるに値するものなのかを検討していきたいですね。

また、ナンバーズは全部判明はしたものの、1~4に関してはOCG化されていないんですね。ラスボスが使用していた、ゲートオブヌメロンはアニメ放送当初からOCG化は難しいと言われていましたが、ここまできたら何とかしてほしいものですね。

状態に関しても納得いってないものも存在するため、余裕ができたらカードショップ巡りでもしていきたいものです。

 

それでは。