自称大学生のゲーム雑記

最近はまっているゲームについて緩く書いていく。プレイもまたユルイのはご愛嬌。

【遊戯王】スクラップ・ラプターって便利?

こんにちは。

この間のパックで「スクラップラプター」という、何でもできそうな超便利カードがリリースされました。どんな風に悪用してやろうかと色々考えているのですが、思っていたほど使いやすいカードでもなかった気がしています。

ここでは「スクラップラプター」について考えてみたことをまとめていきます。

 

改めて性能を確かめる

スクラップラプターの最初の評価は「ヤバい」「強い」といったプラスのものが多かったように思います。

何と言ってもこれ1枚で出来ることがパッと思いつくだけでも

  1. ハリファイバーになれる
  2. 好きな機械族を墓地に落とせる
  3. リンク4を展開
  4. レベル8シンクロになれる
  5. ランク4エクシーズになれる

とかなり幅が広いです。また、スクラップエリアと化石調査という3枚積めるサーチ札2種にも対応しているため引き込みやすいのが特長です。

 

 

デメリット・・・というか気になる点

めちゃくちゃ強そうですが、召喚権を使うところと、デッキにサーチ先もしくは手札に他のスクラップモンスターが居ないと一気にパワーが落ちる点が気になります。

つまり、初動の安定性を高めるのに貢献しそうなものの、このカードを使った展開を行うためにデッキに引きたくないカードも採用するため、結局事故の原因も一緒にデッキに採用することになるというのが、なんとなく気に入らないのです。

 

f:id:Koskos:20210209225218p:plain

現環境の遊戯王では「ハリファイバーが決まる→VFDが立てられる」が成立するため、「オライオン」「ジェットシンクロン」といった引きたくないカードをさらに採用することとなります。

また、VFDを立てることを目的とするならば、もっとそれを得意とするデッキが存在します。そうなると以上の5つの役割を柔軟に選択できる点に強みを見出したいのですが、召喚権を使う以上、コスパを考えるとVFDになる選択を取りたくなるものです。

 

このカードを活かすことのできるデッキとは

スクラップラプターのサーチ先兼、増えた召喚権を使う候補としては、「スクラップキマイラ」と「スクラップリサイクラー」が挙げられます。

 

前者は、主にハリファイバーになるための選択です。ライティドライバーとレフティドライバーのように召喚権を使ってハリファイバーを作るシステムに止めることでどのデッキにも入れられるセットになります。中でも、無理なく化石調査の恩恵も受けられる「恐竜」デッキはやはり相性が良いです。

ミセラサウルスにより効果を通しやすく、プチラノドンやらベビケラやらで呼び出すことで召喚権も気にならず、展開中にドルカを立てることでニビルをケアできることが他の展開デッキと差をつける点です。

 

後者はデッキから機械族を落とす際に使われます。オルフェゴールやスプリガンズといった墓地の機械族を活用させるテーマにおいては、スクラップリサイクラーの枚数を厚くすることができ初動の安定性を高めてくれます。それだけでなく、「オライオン」「ジェットシンクロン」を採用することで、VFDへ繋ぐ選択肢も取り込むことができます。その点、他のデッキに比べ「スクラップラプター」の性能を引き出せるデッキと言えるでしょう。

 

最後にスクラップデッキで良いパフォーマンスが期待できることは、当カテゴリカードですので言うまでもないでしょう。

 

 

おわりに

今回は、最近リリースされたスクラップラプターという一枚のカードにフォーカスして記事を書いてみました。

今年も1月中に記事を書くことができませんでした。

理由はわかりません。気が付いたら2月になっていました。

ただ、記事にするほどのネタが無いといいますか、そこまでゲームについて考えることをしていないというのが現状です。Switchが手に入れば新作のモンハンでも買って一昨年のように主にダメージ計算しながら考察していきたいところです。

それでは。

2020年をまとめる

こんにちは。

気が付いたら2020年最後の日になっていたので、取り急ぎではありますが、毎年恒例の記事を書きます。

このブログは考察や解説を目的とした記事をメインで書いているため、日記的な記事は普段書かないのですが・・・という話も毎年している気がします。

さて、今年もカテゴリーごとにコメントしていきます。

 

遊戯王・カードサプライ

アナログカードはプレイする機会そのものを奪われています。某ウイルスの影響はもちろんですが、生活環境も少し変わり、大会へ足を運ぶのは来年になっても厳しい気がしています。

 

レジェンドオブルーンテラ

新しくハマったゲームとしてLoRというDCGがあります。そこまで流行っているわけでは無さそうなので記事にする内容なんかも難しいなと。というのも、環境を考察して勝てるデッキを解説していくには、まず自分が勝ち進まなければなりません。コンボメインのデッキを扱うには、競技思考の高いこのゲームではその上で勝てなければならないため、より難易度は上がります。

難しい部分を色々挙げましたが、プレイング向上のための対戦レポートとして文章にまとめるというのを今考えています。それだけでオリジナリティと客観性が出てくるため定期的に更新するテーマとしては適していそうです。

 

モンハン

来年は、Switchよりモンハンの新作が発売されます。大概のモンハンは”G"シリーズ、つまり続編が出る前はあっさりした内容となっているため、購入することさえできれば、ワールドの時のように立て続けに考察記事を出していくこともできるかもしれません。

 

シャドウバース

もしかすると、去年のグラマス記事からプレイしていない可能性があります。

シャドウバースの環境やデッキを考察する記事から始まったブログなのですが、どうしたものでしょうか・・・。地道にアドを稼いだり、読み合いが面白い環境であれば、またプレイしたいです。自分が辞めたころは、疾走持ってたもの勝ちだったり0コストのカードを叩きつけるゲームでしたが、今はどうなんでしょうか。

 

おわりに

今年は昨年よりも記事数としては少なくなってしまい、そこまで内容のある記事も書けなかったのですが、去年のまとめ記事ではこんなことを書いていました。

来年は、今年の目標としていたものを継続しつつ新作を扱いブログのカテゴリーをひとつ増やしたいです。

去年目標を継続できていたかは微妙なところですが、LoRという新しいゲームに出会い、そのシーズンでマスター到達まで本気でプレイはしたため、この部分は達成できたのかなと。

 

2年前のように週1ペースは厳しいのですが、去年や今年よりも沢山記事を書きたいので、年間記事数30を来年の目標としていきたいです。

ただ、やはり日記は書きたくないので、『実験→自分の考え』というプロセスだったり、結果からの考察をまとめた内容を目指していきたいです。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

【遊戯王】2021年1月施行 リミットレギュレーション

こんにちは。

2021年1月より施行される、リミットレギュレーションが公開されました。

 

koskosshadowverse.hatenadiary.jp

前回に引き続き、堅実な内容となっており、どちらかというと新規テーマには甘い規制だったように思います。

これまでの制限改訂では強気な規制や緩和が見られましたが、今回はそういった部分もそれほどなく、どちらかというと「意外」という感想を持つことの方が多いですかね。

 

 

禁止

  • トーチ・ゴーレム

マジテンじゃないんですね、意外。

制限

緩和

てっきりエースは初めからデコードトーカーだったことを貫くのかと・・・意外。

規制

  • ダイナレスラー・パンクラトプス
  • レッド・リブート

鉄板のサイドカードでした。リブートは「どうぞ罠セットしてください、多分発動できませんけど」というカードでしたので。パンクラに関しては、今後の環境がさらに低速化するという見解でしょうか。このカードはビート環境に寄るほどバリュが高くなりますし、あらゆるデッキに採用できる性能ですから規制というのもわかります。ただ、先行でロックする系統のデッキがまた出現、もしくはシェアを伸ばすことが無きにしも非ず・・・ということを考えると準のままでも良かった気がします。

はじめから制限にするつもりで出されたのでしょうか。1枚で取れるアドバンテージ的には強欲な壺以上ですので、仕方ないですね。

教導を混ぜる上で、パニッシュメントやフルルドリスといったカードに重きを置いている構築では、当然1枚指して置く意味はあるでしょう。天底の使徒を使うことがメインで、そのためにエクレシアなどを採用していた構築では、本当に出張させるべきか今一度考え直す必要がありそうです。

準制限

規制

  • 呪われしエルドランド
  • 暴走魔法陣

環境テーマの安定性を落とす名目での規制でしょう。一か月ほど前になりますが、両方のデッキを崩し売ってしまったので、どれほどの影響になるのか具体的なイメージがしずらいところではありますが・・・

例えば召喚獣なら、暴走魔法陣とアレイスターであれば、暴走魔法陣から発動した方が、仮に誘発を貰った場合でも被害が少なく済みます。エルドリッチでは、エルドリクシルでも黄金卿でもないカードですが、優秀なサーチャーです。素引きすることを考えるとやはり3枚入れたいカードですよね。継戦能力はずば抜けてますが、初動を掴むのはドロー頼りなところがありますので。

緩和

  • ジャンク・スピーダー
  • ゼンマイマジシャン
  • 氷結界の虎王 ドゥローレン

ルール改定により事前に規制されていたカードの一部が返ってきた形です。

ドゥローレンはストラクが教えてくれてましたが、上ふたつのチョイスは意外ですかね。他にも返せるカードありそうですけど・・・。

無制限

  • ダーク・グレファー
  • 魔界発現世行きデスガイド
  • 化石調査

以上3枚は、環境デッキファンデッキ問わずデッキを回すためのカードになり得るため、規制解除は単純に嬉しいですね。オルフェゴール、3軸シンクロ、恐竜とそれぞれ環境で猛威を振るっていたテーマでしたが、他の規制や相対的なパワーバランスにより落ち着いたことが緩和の要因となったのでしょう。

ただ、ガイドに関しては心配な点が残ります。アウローラドンに繋がるハリファイバーを1枚で立てられるなど、環境レベルのパワーを持っており、誘発の的になるカードですが、緊急テレポートなどでカバーができます。似たような効果を持つ深海のディーヴァと比べると、シンクロ素材にはできませんが別の起点であるケルビーニを立てられる性能を持ち合わせているため、やはり初手に持っていたいカードではあります。

 

 

今回触れられなかったカードについて

フリー対戦視点にはなりますが、今回の規制で触れて欲しかったカードについてのお話です。

まず、全体的に展開系デッキを抑制する昨今の動きを考えると、ゲーム展開がスローになり色々な種類のデッキタイプがそれぞれの強みを発揮できるバランスになります。

そんな中で、スキルドレインや王宮の勅命といった開くだけで詰みに持っていけるカードの存在が気になります。その上、VFDや素材5体ロンゴミアントといった相手にデュエルをさせないカードについても、効果の割に要求値が低いため、誘発を貫通する墓穴の指名者も実質的にはスキルドレインと同等と言えるのではないかと考えます。

このあたりのカードも制限化して、どうしても引きたかったら、金満で謙虚な壺でエクストラカードを削ってくださいという形にすると、構築に良い意味で縛りができるためより多様性が増しそうです。

 

 

おわりに

2つ前の記事が現行リミットレギュレーションに改訂されたときの記事ということで、自分が如何に更新をさぼってきたかを思い知らされました。

毎年、年末になると1年をまとめる記事を書いていますが、その前にもうひとつくらい、何か書ければと思っています。

それでは。

【遊戯王】お好みの「壺」選びます

こんにちは。

10月の終わりに発売されたブースターパックにて、「金満で謙虚な壺」がリリースされました。この頃の汎用カードは、採用するかも考える必要があるものが多く面白いものが多いですね。

今回は遊戯王を代表するドローカードである「壺」を改めて見直し、デッキにぴったりの壺を選んでいきましょう。

 

 

 

「壺」は、○○の壺シリーズと○○で△△の壺シリーズの2種類があります。元祖である強欲な壺は禁止であり、その他については貪欲な壺が辛うじて使われるかという程度ですので、今回は第7期に登場した「強欲で謙虚な壺」をはじめとする、○○で△△な壺シリーズのみを扱います。

 

強欲で謙虚な壺

  • デッキトップ3枚をめくり1枚を手札に加える
  • 使用するターンは特殊召喚できない
  • 発動はターン1

第7期に登場した当時の環境では、特殊召喚できない制約がそれほど大きくなく、あらゆるデッキに採用されました。シングル価格も3000円を超え、当時は再録まで手が出せなかったのをよく覚えています。

少し前までは、特殊召喚に頼らない低速デッキはそれだけで使う価値が無いほどの環境でした。しかし現在は、規制による先行展開の弱体化や、後手から返すための強力な汎用カードの登場により、速さよりもアドバンテージを重視する環境に戻りつつあります。他の壺カードとの相性も良いため、今だからこそ改めて採用を検討できるデッキもありそうです。

 

貪欲で無欲な壺

  • 異なる種族のモンスター3枚をデッキに戻し2ドロー
  • 発動ターンのバトルをスキップ
  • メイン1の開始時のみ発動可能

第8期に登場した当時の環境では、今以上にドローに対する制約や規制も重いものでした。それを物語るかのような制約の重さから、現在ではまるで空気です。

合体前の「貪欲な壺」は3枚積める上、うまく墓地を肥やせれば先行1ターン目で発動できるのに対し、こちらは制約上、先行1ターン目ではほぼほぼ腐ってしまうのも残念なポイントです。

 

強欲で貪欲な壺

  • デッキトップ10枚を裏側で除外し2枚ドロー
  • 発動はターン1

第9期に登場した当時の環境では、全体的なインフレのあまり、登場直後は強さがイマイチわかりませんでした。シングル価格も使用感が周知されてからじわじわと上がっていったように感じます。

このカードは、裏側除外でカードを飛ばすことへのリスクが採用するかの線引きとなる面白いカードです。3積みの多い金太郎飴のようなデッキであるほど採用しやすく、サーチやリクルートが繊細なデッキほど採用しにくい特徴があります。

ただ、発動ターンの動きには一切干渉しない上、好きなタイミングで発動できるというのは、相手の持っている手札誘発を様子見するなどといった部分で魅力的です。

コラ画像が現実になってしまった壺カードで、発表時点ではまた新しいコラ画像が出たものだと思っていました。

 

強欲で金満な壺

  • エクストラから裏側でランダムに3枚除外し1ドローか、6枚除外し2ドロー
  • メイン1開始時のみ発動可能
  • 使用するターンは効果でドローができない
  • 発動はターン1

第10期に登場した当時の環境では、エクストラ15枚をフルに活用する先行制圧デッキが蔓延しており、このカードのパックに収録された「ヴァレルロードSドラゴン」もそれを後押ししていました。

エクストラをあまり使わないデッキでは強欲な壺に近いリターンを得られるパワーがあるため、このカードを採用できるというのがひとつのデッキとしての特長となるようになりました。

強欲で貪欲とは違い、メインデッキを削らずにドローできる反面、エクストラを金太郎飴にしないといけなかったり、他のドローカードと喧嘩する性質を持っています。

例えば、同じ2ドローでも闇の誘惑を引いた場合、強欲で貪欲ならそのまま使えますが、こちらは腐ってしまいバリューとしては1ドローとなってしまいます。

エクストラとメインの両方から制約を受けるため、思いの外、採用できるデッキも限られますね。

 

金満で謙虚な壺

  • エクストラから裏側で3枚除外し3枚めくるか、6枚除外し6枚めくって1枚を手札に加える
  • 使用するターンは効果でドローができない
  • 発動後相手に与える全てのダメージは半分に
  • 発動はターン1

第11期ということで、現環境です。

エクストラ除外と、使用するターンにドローができなくなる制約は、先ほどの強欲で金満と似ているため、採用できるデッキも似てくるのかというと、一概にそうとも言えません。

まず、除外するエクストラカードは自分で選べるため、色々なカードを少しずつ採用する一般的なエクストラの構成を利用できます。また、メインデッキも削らないため繊細な構築にしても安心です。ただ、バリューとしては1枚使って1枚を手札に加えるため、単体ではアドバンテージを得られません。

このカードは万一を考えて採用したあの1枚を拾うのに持ってこいで、デッキの中身が繊細であるほど利用価値が増していきます。

様々なデッキに幅広く対応するように、メインエクストラを構築すると、対戦相手によって中には刺さらないカードも出てくるわけで・・・そういったカードを避けながら、高い質を求めるときにもってこいなわけですね。

また、捲ったカードのうち、手札に加えなかったカードはデッキボトムへ戻るという点も面白く、特にロングゲームの中では、次のドローカードをある程度予測する助けにもなります。

 

 

金満で謙虚な壺は何枚要る?

このカードはドローソースというよりはサーチ札という感覚でしょうか。得られるアドバンテージは多いものの融通の利かない「強欲で金満な壺」を量とするなら、こちらは質ですね。

似た効果を持った「強欲で謙虚な壺」が挙げられます。

登場当時の環境では、特殊召喚制限というデメリットについて、使用ターンは準備のターンとするというペースで良かったのですが、現環境ではそうはいきません。テーマ内でドローギミックが存在せず、エクストラを3枚でも飛ばせるデッキであれば、特殊召喚可能な「強欲で謙虚な壺」のように扱えるため、試しに採用する価値は大いにあるでしょう。

現在では、特殊召喚をせずに制圧するカードや盤面を返すという部分でボードアドを一気にひっくり返すカードが豊富です。サーチの利かない汎用カードで固めた、いわゆるグッドスタッフでは、ドロー効果ではない「強欲で謙虚な壺」と両方採用することで、デッキを9枚掘りつつ必要なカードを探しに行くという動きも可能です。

以上の事から、「金満で謙虚な壺」は思いの外、採用できるデッキの幅は広いのではないでしょうか。

 

 

おわりに

今回は今更ながら「金満で謙虚な壺」が登場したということで、遊戯王の壺カードを振り返りつつ、このカードに対する私なりの評価をまとめてみました。

ドローギミックを持たず、エクストラカードを飛ばせるテーマというのは、環境外テーマにも多く見られ、強欲で金満な壺以上に幅広く採用できます。環境外のテーマデッキやロマンデッキを沢山所持するプレーヤーにとっては嬉しい反面、出費との戦いがあるため、本当に必要かどうかは精査したいところです。

強欲で金満な壺しかりですが、ライトロードでの採用を検討した際に、ソーラーエクスチェンジやセイントミネルバのドローと滅茶苦茶相性が悪いことに、回して初めて気が付いたり、逆にドラゴンメイドなどのメタビデッキでは両方を3枚ずつ採用しても強く使えたり、先行を取らされると何もできないことがあった影霊依では、クリスティアが安定して立てられるようになったり・・・と、私は12枚ほど購入して色々なデッキで試しております。

発売から1週間が経過した現在では、このカードを採用したデッキの大会入賞報告はそれほど沢山はありませんが、見た目以上に使いやすいカードであるため、今後需要は増してくるのかなと予想しています。

ちなみに、2020年11月初旬現在では、スーパーレアで1枚当たり1200円~1400円ほどですが、今後どうなっていくでしょうか。

それでは。

【遊戯王】2020年10月リミットレギュレーションとカードの相場について

こんにちは。

今更ですが、先日発表の新制限についての記事を書いていきます。

今回は特にワクワクするような緩和があるわけではなく、堅実な内容となっているのですが、毎回記事にしているので半ば惰性です。

触れられる話題が少ないこともあり、制限改訂や新商品の発売によるカードの相場についてのお話もします。

 

 

改訂の内容

禁止

  • 超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ
  • SNo.0 ホープ・ゼアル

制限

  • 宵星の騎士ギルス
  • ワン・フォー・ワン

準制限

  • 希望の記憶
  • 天底の使途
  • 墓穴の指名者

無制限

  • 輝白竜ワイバースター
  • 処刑人-マキュラ
  • ネクロフェイス
  • 真紅眼融合
  • パーソナル・スプーフィング

 

感想を簡単に

今回は緩和よりも規制強化がメインとなっているため、自由度が増すというよりは制限を受ける感覚を持つ方がより多くいるように感じます。

ネクロフェイスを用いた面白いデッキを考案した方や、ドラグーン登場以前から真紅眼を使っていた方は構築を考えるのが忙しそうです。

これまで前線で活躍していたテーマが規制を受け、数を減らしつつも大会環境には残るといった現象がここ2年くらい続いています。先行制圧することで、実質的な先行ワンキルばかりが存在する環境から考えると、大分ビートダウンができる環境になってきたため、征竜のようなテーマがリリースされなければ今期も楽しめそうです。

遊戯王プレーヤー全体の傾向として、実質的先行ワンキルが横行したりEMEmのような極端な一強環境と、群雄割拠でビートダウンやアドの積み重ねを重視する環境とではどちらが好まれるのか気になるところです。私は断然後者ですが・・・。

 

余談ですが、私は改訂が出る1日前にガイドのプレゴル3枚目とインフェルニティガン2枚、プトレマイオスを購入したのですが、かすりもしなかったですね。

どれも近日中に発売されたパックや公式Twitterの動向などから緩和を予想して購入したのですが・・・。

無いとは思いますが、再録の無いノーデンみたいなカードが万一緩和されると非常に面倒なので、余裕がある時には仮に緩和されたら使いそうな禁止カードは必要分集めておこうかなと。

 

 

最近のカード相場について

 

koskosshadowverse.hatenadiary.jp

以前にこんな記事を書いたのですが、レアコレで汎用カードが再録されたことで、全体的にシングルで1000円を超えるカードの方が少なくなるくらいによく使われるカードの値段が落ち着いていた時期がありました。

あれから半年が経ち、どうなったかと言いますと・・・

 

 

汎用カードの値段は元に戻りつつあります

 

 

2月に公開した上記に記事では、「汎用カードの価格は半年から1年で元に戻るだろう」とまとめたのですが、やはり現状そういった傾向にあります。

「ストラクなどの再録が無ければ800円~1000円前後になるだろう」とも言いましたが、うららに関しては1000円を超えてきているため予想以上に値上がっています。

常に高い値段をマークしているイメージの増殖するGですが、現在は比較的安い状態にあります。これはレアコレの再録による影響ではなく、単純に環境がビートダウン寄りになっていてこのカードのバリュが低いだけと考えており、状況次第では安くて1000円弱くらいにまで戻るポテンシャルのあるカードです。

 

また、ファントムレイジで幻影騎士団やRRを中心としたエクシーズがサポートされましたが、それによってエクシーズテーマである十二獣関連が値上がりました。

2020年9月現在では魔轟神の新規カードが出るという情報がでましたが、やはりターミナルのテーマということで、これも上記に記事で言及しているのですが、強化されましたね。

あと強化を貰っていないターミナルのテーマはラヴァルやジュラックなど炎属性のテーマや、ワームあたりでしょうか。
(ワームにはw星雲隕石というワームだから許されるパワーカードが存在し、大会でも見かけるテーマだったということを知っている人がどのくらい居るのでしょうか・・・まぁテーマといっても使われるのはヤガンとゼクスくらいでしたが)

セイクリッドやヴァイロンといったストーリー上で活躍していたテーマも、気が付くとリンクを貰っていない側のテーマになっていますね。

 

少し話が逸れましたが、半年前の価格調査から学んだことは活かせていたように思います。

 

 

おわりに

今回は改訂についてとカードの相場について思ったことを書いていきました。

LoRなどのデジタルで環境の整備がいきわたったゲームは勿論たのしいのですが、コレクション要素を含むアナログカードにはやはり他にはない魅力がありますね。

こういったイベントやお財布事情とうまく付き合いながら、ほどよく続けていきたいものです(整理できていないカードの束を横目に)

それでは。