自称大学生のゲーム雑記

最近はまっているゲームについて緩く書いていく。プレイもまたユルイのはご愛嬌。

【シャドウバースエボルヴ】余ったカードの扱いについて

こんにちは。

ここ最近は、何度目やら感染症拡大の影響を受け、大会が中止になったりで、思うように対戦ができない日々を過ごしております。

そんななか、デッキを作るだけ作ってみたりで、カードを整理する場面によく出くわします。

さて、ここでクラスの概念(1デッキに使えるカードの種類が限定される)のあるカードを触るのが、実は初めてであることに気が付きました。

遊戯王のように、1デッキに対して全てのカードを使えるルールであれば、汎用性の高いカードは何枚持っていても良いような気がしますが、クラスの概念があると話は変わってきます。

つまり、この部分が変わると、デッキに使用しない余ったカードをどのように収納するかも、TCGの持つ構築に関するルールによって変わってきそうです。

 

例えば、私の場合は、1クラスにつき1デッキをルールとしています。そうすると、ニュートラルを除く各クラスのカードは3枚持っていれば良いことになります。

アプリ版と同じような感覚になるので、余剰カードは分解できます。最近は1弾のカードについて、ブロンズやシルバーも多少なりとも買取が付くようになってきているので、次弾に向けたリソース確保としては少なからずリソース確保に貢献してくれます。

このように、同名カード上限を3枚として管理するときに欲しくなるのが、大き目の透明スリーブです。

70×100という大きさは、オーバースリーブでも中々使用しない大きさとなりますが、3枚のカードを重ねて入れることを前提にしています。

また、30ミクロンと程よい厚さになるので、スリーブが硬すぎて、カードが欠けてしまう心配もありません。

エボルヴフォロワーについてもセットで保存しても、ホイル仕様のカードは通常のスリーブをつけていても利用することができるので、かなりおすすめです。

カードショップで値札を貼り陳列するとき使われるスリーブなんかに近いですね。

あのスリーブ、プレイ用としては全く使おうと思えませんが、保存用としてなら、着脱が容易で傷をつけづらくコスパも良くて、かなりいい感じです。


 

 


 

 

この方法で整理してから、まずカードを探す手間が省けました。3枚を1セットにするので、確認作業時間は単純に3分の1になります。エボルヴフォロワーもセットにするため、さらにわかりやすいです。

カードそのものは、コストといったソートに使えそうなデータを色々持ってはいますが、結局さがすのも片付けるのもパッとできた方が、最終的にパパっとできれば良いわけで・・・

そのちょうど良いところをつけるのが、同名でまとめて、あとはクラス毎の区分けに適当に戻す方法じゃないかと。

また、カードの所持数がパッと見でわかるので、無駄に買ってしまうことも避けられています。現に、単純にクラス毎にわけるだけの時には、必要以上にカードを買ってしまうことがありました。

お金も時間も節約できるわけです。

 

 

おわりに

今回は更新までの期間が空いてしまいましたが、仕事の忙しさと大会中止のダブルパンチを喰らった結果です。

8月はどうなることやらわかりませんが、大会には4回くらい出たいですね。

それでは。

【シャドウバースエボルヴ】オリヴィエって使いづらくない?【黒銀のバハムート】

こんにちは。

ブースター第二弾発売から2週間が経ち、デッキも色々ためしているところではありますが、オリヴィエについて思ったことがあったので、短い記事ですが書いていきます。

 

ダークエンジェル・オリヴィエは、ブースター第2弾で実装されたニュートラルカードです。本家では9コストでEPを3つ回復する効果を持ち、主にコントロールデッキで採用されるカードでした。エボルヴの場合は、リーダー3回復、1ドロー、1ハンデス、EP+1のうち、2つを選ぶ5コストフォロワーとなっています。

選択する効果は4つとも無難で、状況によって使い分ければ強く使っていけそうです。汎用性の高さから、事前評価は高く、初動は5000円ほどとレジェンドトップクラスの価格となりました。さて、2週間たった現在は、4500円ほどと、若干の値下がりとなっています。これは、ブースターの増産対応により流通が増えたことが要因となっていそうです。

ただ、このカードは意外と使いこなすのが難しく、高い割には値段相応の仕事をしているように感じづらい面があるのです。なんとか3枚揃えて、使って見るも「あれ?」と思う状況はそう珍しくないのではないでしょうか。その理由は、このカードを使って100点の動きができる場面がほとんどないところにあります。

まず、オリヴィエの持つ4つの効果の共通点と言いますか、欠点として挙げられるのは盤面に全く干渉できない部分にあります。つまり、盤面上不利な状況では使いづらいカードとなります。そして、5コストと比較的重い部類であるため、このカードを使用できるタイミングでは、盤面である程度優劣がついている状態であることが多いのです。

同じ5コストのカードを考えてみると、守護を持った神龍や、盤面を全体除去できるテミス、進化込みアドバンスブレーダーはサーチしながら盤面も見れますし、回復や手札リソースという面で見ればエルフにはフェアリービーストが居ます。このように、そのクラスの特性を活かしたり弱点を補う場合にはもっと適任なカードが各クラスに居たりするわけです。

逆に、回復効果を持たないロイヤルで3点回復を選択出来たり、EPの使用頻度の高いウィッチなどで先行を取ってしまった場合に対応出来たりと、弱点を補うことはできますが、それにしては能力が控えめだったりコストの重さが目立ちます。

このカードだからこそできる役割と言えば、6ターン目にEP込みで7コスト使う進化カードを先手後手に関わらず使っていけるところでしょうか。例えば、レオニダスやドロシー等が挙げられます。

ただ、これも5ターン目開始時に盤面としてだいたい互角と言える状況、もしくはその後に不利な状況を巻き返す動きが見えているような場面でなければ使いづらいでしょう。その上、使いたいカードを引いておく必要まであります。

 

以上のように、弱くはないけど最善ではないというところに留まる能力であるため、思いの外使いづらいという感想を抱くのです。

考えなしに3枚採用するカードでもなければ、出せる状況だからと言ってとりあえず盤面に置いて良いカードでもない、その上値段はトップクラスということで、色々と悩ましいカードだな・・・というのが今回の結論です。

是非ともプロキシで試してから購入したいカードですね。

 

 

おわりに

シャドウバースエボルヴ ブースター第一弾の発売時に、各クラスで1つずつデッキを組みました。

そこからブースター発売毎にデッキを減らしていき、お気に入りクラスを見つけようとしておりましたが・・・全然デッキが減らない・・・

むしろクラス毎に別タイプを試し始めたりして、全然カードが片付かない・・・

そんなこんなで大会に出れぬまま7月も半ばに差し掛かってしまいました。

パック発売直後の予定では、いまごろ大会レポート記事を上げていたはずだったのですが・・・10月までパックの発売は無さそうなので、そんなに急ぐことも無いのかもしれません。

それでは

【シャドウバースエボルヴ】ロイヤルで大会に出てみた【ロイヤル】

こんにちは。

今回はロイヤルで大会に出てみたレビューを書いていきます。

過去にも「エルフ」「ビショップ」「ウィッチ」とレビューをしてきて、4クラス目となります。

これからどのクラスを使っていくか、実際に使っていく中で決めていこうと、大会では様々なデッキを使っていますが、第2弾発売までに全てのクラスを使うことは叶わなそうです。

さて、今回はこれまでで一番惜しかった結果となり、12人参加で順位としては2位となりました。

 


 

レシピ

アグロに寄せた構築となっております。

意識したデッキタイプはドラゴンで、横展開を意識しつつ、サーチできる単体除去として、ウルズと闇を纏う暗殺者を刺しています。

構築に迷いを感じる部分としては、2コスト帯でしょうか。

ヴァンガードレイサムは、エンジェルスナイプやブレイジングブレスによって破壊されないスタッツです。環境にドラゴンが多い想定で、メタを張る存在としてウィッチを想定したためとりあえず3枚採用していました。

フリー対戦の中で不屈の兵士も、放っておくと無視できない攻撃力へと成長する点、メイドでサーチできる2コストフォロワーである点から、ポテンシャルを感じ、使用感を試す意味合いも含め3枚採用しました。

歴戦のランサーは現段階ではロイヤルフォロワーで一番使いやすく出番の多いフォロワーだと感じています。

騎士王の威光は、毎ターン1コストで疾走のナイトが出てきたり、戦闘以外での除去の弱さを補うアクトする効果などに魅力を感じ採用しました。

実際の対戦を通して感じたのは、不屈の兵士と騎士王の威光については変更の余地があるというところです。

ロイヤルのエボルヴフォロワーは進化に2コストを要するカードが多く、同じ2コストを進化に裂くと考えると、歴戦のランサーはバリューだったり使いどころがイマイチだと感じています。騎士王の威光については、コントロールプランを取るなら、カード単体としてリソース確保、盤面コントロールの両方が詰まっているので強そうです。しかし、今回の横に展開しつつアグロ気味に攻めていくプランにおいては2コスト余分に払わなければならないターンが出来てしまうというのが、合わないなと。

もっと前に寄せたいため、剣豪やニンジャエッグのような1コストフォロワーとトレードしても良いなといった感じです。

また、アルビダの号令についても、個人的に使いどころに困るカードではありました。確かに3点疾走を飛ばしつつ更に2面展開できるのですが、フローラルフェンサーだったり乙姫が展開できていると、3面展開できなかったりで、5コスト分の性能を活かしづらいなと。しかもメイドや宝杖の指令官によって上記2枚はかなりの確率で試合中に登場します。

レシピについてはまだまだ改良の余地がありますね。

 

対戦結果

勝率で言えば2勝1敗といつも通りですが、勝勝負の順ですので、トーナメントなら決勝卓に行けたような形となります。(優勝しないとエクスキューション貰えないので、何位でも変わりませんが)

 

1戦目 vsエルフ 後攻 勝

序盤から順当に展開ができ、ホワイトジェネラルで守護を退かしながら顔を詰める試合運びを実現できました。フルパワーのエンシェントエルフやアリアを4コスト突進で倒しながら隣のフォロワーをバフできるホワイトジェネラルがかなり刺さったため、相性も良かったと言えます。

 

2戦目 vsアグロナイトメア 後攻 勝

クイックブレーダーを探しにマリガンをして引き当てるも、ベルエンジェルで防がれたり、そもそも大会でナイトメアに当たることが少なかったため、意表を突かれました。というか、この試合、体力1まで削られる非常に危ない試合でして、お相手のミスに助けられた可能性もあるくらいです。有利交換をしつつ、ある程度顔を詰めていくプランをとり、乙姫お守り隊で守護を展開しながら勝ち切ることを想定していましたが、思いの外、スペクターやら夜の群れやらで除去され、アルカードで回復もされ、かなり計算を狂わされました。最後のターンは、手札にリーサル打点を握りながら「このターン生きられれば勝つ・・・けどバーンカード引くよね?」と諦めながら行く末を眺めていましたが、気が付くと自分のターンになっていました。

 

3戦目 vs庭園ドラゴン 後攻 負

想定していたドラゴン戦ということで、腕の見せ所だと気合を入れていたのですが、まさかの庭園でした。5ターン目にしっかり庭園を置かれ、その後はジェネシスファフニールファフニールとタダで出てきたため負けてしまいました。

こちらもフローラルフェンサーが捲れたことで、EP進化、ホワイトジェネラルの突進、前のターンからいたナイト(ホワイトジェネラルのバフ)で12点作り、ジェネシスを除去するところまでは頑張れましたが・・・

アグロに寄せていると庭園の恩恵を受けづらいこともあり、厳しい試合でした。

また、盤面を無視した場合、庭園で疾走が捲れると負ける場面で、その可能性を割り切るか迷った部分がありましたが、結果的に神龍で回復もされ、勝っていた未来も想像できず、反省点を見出すのも難しい試合でした。

 

エルフは相性勝ち、ナイトメアは運勝ち、ドラゴンは運負けに近い状態と全体的に運に左右される局面の多い大会でしたね。

 

おわりに

さて、エクスキューション獲得チャレンジもMAXで残り2回となりました。

回数を重ねるごとに、同じ2勝1敗でもその大会でより高い勝率のお相手に勝てるようになった関係で、順当に順位を上げることはできています。

しかし、優勝が遠い・・・

たかだか3,4戦でも、1度も負けないって難しいことだなと改めて感じております。

それでは。

【シャドウバースエボルヴ】ビショップで大会に出てみた その2【ビショップ】

こんにちは。

前回の大会でかなり手ごたえを感じたビショップを握ってまたもショップ大会に参加しました。

今回もそのレビューを書いていきます。

 

レシピ

参考までに以前までのレシピを

ここから、神域の守護者とスカルフェインを1枚ずつ抜いて、大修道女を2枚採用、EXはジャンヌ1枚を2枚目のルシフェルに交換しました。

大修道女はエボルヴだと6コストに下がり、ファンファーレで5点回復+1ドローと、環境でパワーを見せつける神龍と似た効果を持っています。

まず、このレシピだと6コストのカードというのが採用されておらず、6ターン目に6コスト分のバリューを出そうとすると、ジャンヌを進化させたり、複数のカードを組み合わせる必要がありました。加えて、回復効果持ちということで、ドラゴン等のリーサルラインを外していく役割としてどうだろうと、採用に至りました。

 

結果

今回は4戦行ったのですが、2勝2敗でした。

内、勝ちがドラゴンとエルフ、負けが両方ドラゴンです。

負けたドラゴンには2ターン目の託宣と3ターン目のアイラが漏れなく飛んできており、神龍にも進化される試合でした。

更に言えば、やむなくライフ10を切る場面が多く、ジェネシスを諦めた選択を取る場面が多々見られました。

一方、ドラゴンとで勝てた試合では、2ターン目の託宣は無く、3ターン目のアイラもハゲや法典で処理できてPPベースでは対等な試合ができていました。

内訳

1戦目 vsドラゴン 先行 勝ち

2ターン目の託宣は飛んでこず、アイラを消滅処理、その他も順当にフォロワーを処理しつつ、スカルフェインのバーンで詰めて勝ち

 

2戦目 vsドラゴン 先行 負け

2ターン目託宣に加え、3ターン目のアイラは消滅できず、神龍で回復しながら疾走を引くまで粘られ負け

 

3戦目 vsエルフ 先行 勝ち

自分で使っていながらイマイチ戦い方がわからなかったため、虎を量産するプランを優先して動く。こちらからライフを詰めることで、相手のローズクイーンで生成された薔薇の一撃を盤面処理に使わせたのが勝因の模様。

 

4戦目 vsドラゴン 先行 負け

ほぼ2戦目と同様の試合はこび。手札が重く、序盤から聖なる願いをアクトしまくっていた時点でキツイなと感じていた。

 

ドラゴン対面を考える

ドラゴン相手ではPPに差をつけられないほうが珍しいと言えます。

マリガンの存在もあり、40枚の束のうち、上から8枚を捲って3枚入っているカードを引く確率が初手に託宣を持っている確率となり、それが約49.8%となります。相手が先行で2ターン目にドローすると約54%、後攻で2ターン目までに2枚ドローすれば58%です。

実は、今回の大会では4戦全て先行となっており、3戦行ったドラゴン戦の内、2戦で2ターン目託宣を決められるというのは、確率の上でも普通の事というのがわかります。

つまり、このままではドラゴンと当たった時点で勝率40%ということになってしまいます。やはり、構築なりプレイングなりでドラゴン戦の苦手意識を無くしていかなければ未来はありません。

ちなみに、アイラで妥協して託宣かどっちか持ってれば良いということになると8割を超えてきます。そりゃよく見るわけですね。逆に言えば、ドラゴンのマリガンはPPブーストを全力で引きにいくマリガンが以下に有効かがよくわかります。

 

 

おわりに

ジャンケンに勝って2枚のエクスキューションを手に入れた私としては、何としても実力で3枚目を手に入れたいのです。

そんな中、7月度のショップ大会では新しい配布パックの情報が発表され、さらに上位賞はもらえるパックが増えるという仕様に変更されました。

私のスケジュールから6月度として参加できる大会はMAXで3回となんとも厳しい状況となりました。これまでに3回出場している店舗では16人いれば6人はドラゴンといった店舗になるので、しっかり対策して勝ちに行きたいですね。

それでは

 

 

【シャドウバースエボルヴ】ビショップで大会に出てみた【ビショップ】

こんにちは。

今週も公認大会に出ました。今回も優勝は出来ず、ランダム賞も貰えなかったため流石に3連続でエクスキューションを手に入れることはできませんでしたが、非常に多くの学びがあった大会でした。

 

 

戦績

3戦、2勝1敗と勝率としては過去2回に比べて順々に成長しています。ただ、初戦敗退からの2勝なので、オポネント値としては弱めです。

 

レシピ

割合に丸く収めた形と言えるのではないでしょうか。

気になった点としては、ベルエンジェルの不在、2枚目の神域の守護者、スカルフェインとルシフェルで7コス渋滞といったところでしょうか。

 

反省点

1戦目 vsスペルウィッチ 先手 負

スペルウィッチは何となく、1ターンで爆発し処理できないような盤面を作りたいイメージで、初手にある二対と神域をキープしてしまいました。

結果として、ペンギンウィザードなどの小型フォロワーに全く触れず、テミスを使うような始末・・・

他にも出てきた小型フォロワーに地味に殴られながら、最後はマーリンでデモンストライクを連打されて負けです。

ウィッチ相手=自分のやりたいことを通すみたいなイメージを持っていて、それがプレイに表れた結果、負けてしまったわけです。上記のデッキ構築からも表れていますが、序盤はこちらから押していくというより、いなしていく考え方があるので、もう少し序盤を厚くしても良いかなと思いました。

ただ、過去2回の大会と違って、構築段階でどんなにデッキを掘っても難しい盤面に遭遇することは無く、プレイ次第では勝てた試合だったという手ごたえも感じられました。そういう意味では、同じ負けでも成長のあった負けと言えるかもしれません。

対戦相手の方とも、マリガンのことやらコストの概念のあるカードゲームのデッキ構築の話など、対戦後も楽しくお話できました。

 

2戦目 vsドラゴン 先手 勝

今回の構築で重く見ているドラゴンでしたが、メタが上手く刺さり、勝つことができました。託宣は仕方ないとして、アイラは許しません。ハゲに恵まれ(嫌ですが)アイラは全て消滅、神龍などの大き目のフォロワーも破邪で除去しながら、神域で虎を量産する作戦で、フォルテをいなしつつ、ライフを詰めきりました。

テミスや破邪といった除去を使いつつも、最小0コストでアミュレットを墓地へ送り虎を生成する動きはドラゴンに刺さります。除去能力で言えば、ウィッチの方が上だと思いますが、ライフを詰めきる能力はビショップの方が長けていると考えます。それが、今回のクラス選択の決め手です。

 

3戦目 vsビショップ 先手 勝

対戦を通して、自分と似ているなと感じる場面の多い試合でした。この試合では、盤面を処理するにあたり2択を迫られる場面が多々あり、悩むことが多かったです。

基本的には、ハイリスク・ハイリターンvsローリスク・ローリターンの選択です。

例えば7ターン目、ライフは自分が20、相手が10で、相手の盤面には体力4ライン(虎あたり)が並んでいて、神域の守護者と聖なる願いが存在します。

こちらはスカルフェインとテミスとルシフェルを持っていて、盤面には既に聖なる願いが場にあります。墓地や手札には聖なる願いや夢想の白兎は存在しません。

この時、テミスを使えば、確実に処理できますが、返し相手の7ターン目には聖なる願い0コストアクトで虎が出てくる上、同じようにスカルフェインやルシフェルといったカードが出る可能性があり、どちらかというと、テミスはこっちで打ちたい気がします。一方でスカルフェインを出すと、残りのデッキ上から4枚を捲り、引きたいカードが5枚眠っている状態です。つまり、スカルフェインで7コスト使い切り、ファンファーレでアミュレットを当てれば、既に場にある分とで全体4ダメージでテミスを温存しながら盤面処理ができます。しかし、当てられないと、こちらも神域で虎が用意できたとして、相打ちになるため、返しには既に存在する虎に殴られ、ルシフェルはきっと強気に進化するでしょう。すると、こちらは既に持っているルシフェルでの同士討ちでしか、4点バーンマシーンを食い止めることが出来ず、一気に劣勢へと追いやられます。

結果、思い切ってテミスを使いましたが、結果的には正解でした。その後、アミュレットを素引きすることはなく10ターン目に召喚したスカルフェインは見事にすかしました。

また、ライフを削っていたこともあり、予想通りルシフェルは召喚されましたが、回復のため進化前で留まったため、こちらは進化後ルシフェルで上から取ることに成功し、更にライフを詰めることができました。

お互いに虎を量産する試合でしたが、こういったライフ差と、運の良さがあってなんとか勝つことが出来ました。ライフだけで見ると、圧倒したような試合でしたが、実際はどこで試合の運びが変わってもおかしくないシーソーゲームで、ここ最近で一番、手に汗握る楽しい試合でしたミラーということで先の展開を読みやすく、選択する上での成功体験を得られた点でも非常に意味のあるゲームだったと言えます。

この試合を経て、構築面で生まれた悩みが、進化後ルシフェルの2枚目についてです。

ビショップはエボルヴフォロワーが協力で、どのフォロワーも召喚したら進化したくなる性能を持っています。それ故、使う分についてはフル投入で、ニュートラルかつ高コストのルシフェルは1枚としています。

しかし、今回の試合の相手ラストターン、相手ライフは4で、こちらの進化後ルシフェルは除去されているという状況、もしPP5を余してテミスを使われていたら、試合が伸びるという場面がありました。結果としてテミスは引かれず、こういった部分にも運の良さが出ましたが、引かれてしまった場合は、手札に合った2枚目のルシフェルを進化させる場面が来たわけです。

試合数をこなせていないため、こういった場面が”稀”とされるのか”よくある”とされるのか、まだ判断がつかないのですが、ライフを詰める力が若干心許ないビショップにおいて4点バーンは大事なダメージソースになってくれる気がします。チェンジするならジャンヌあたりでしょうか。

 

 

おわりに

なかなか優勝にはたどり着けませんが、一歩ずつですが成長している実感は持てています。次は、まず初戦に勝ち、できれば決勝卓のような場所で試合ができればというところです。

これまでアプリのシャドバやデュエプレでは、ずっと同じようなデッキと当たり続けるような体験をしていたため、環境トップに対してしっかりメタを貼ることばかりに気を取られていましたが、シャドウバースエボルヴはそれだと勝てません。

まだまだカードプールが少ない今、各デッキの特徴をしっかりと把握して、勝てる構築、勝てる選択を追求していきたいですね。

それでは。